2016年10月10日 (月)

フェルトワークショップ。

京都からフェルト展開催とフェルトワークショップために浦田さんに来ていただきました。参加者10名と見学5人で約1時間半、フェルトの針山製作に皆さんひたすら羊毛を丸めながら、ニードルを使ってツンツンつつき表面に好きないろの毛糸で好みのデザインを置き更にツンツン。つつくことで羊毛がからみ硬くなり、しっかりとした針山完成。楽しい時間を過ごせました。皆さんも浦田さんに感謝。ありがとうございました。Photo

2016年10月 5日 (水)

浦田由美子さんのフェルト展

Feuto2_4               京都浦田さんから届いた荷を開け、チェックを終え、展示する時間はとてもうれしいです 。作品を見ると浦田さんの温かさが伝わってきます。

    tFeruto

2016年10月 1日 (土)

佐々木かおりさんの器

 薩摩川内市祁答院で作陶されている方の器です。数日前にひょんな事から澤に置いていただくことになりました。佐々木さんは沖縄 北窯 松田米司親方の工房で10年間終業した後、1996年に地元鹿児島の祁答院、藺牟田で築窯。日常の食卓で使ってもらえる器、つい手に取っていただける器作りを目指し、日々作陶していますとのこと、釉薬は地元のどろ、わら、桜島の灰などを出したい色合いを求め,配合しながらの作陶、そして用の美も求めつつ。

佐々木さんの器は現代のシンプルな家の中にほっとする空間と時間を与えてくれそうです。いつか澤で沢山見てもらえる機会を持ちたいです。皆さんもお楽しみに、

Photo_4

ふよう

 居場所が良かったのか、数年でこんなに伸び今年から花をつけました。一日しか持たない花ですが毎日咲いてくれます。
Photo_3

2016年9月24日 (土)

川にえいが10数匹、

Photo_2 Photo_3澤の隣の川は海が近いため海水が入り込むのです。親に寄り添って泳ぐ子えいの姿も見れました。

あさごはん

 暑かった夏も終わりに近づき、疲れていた胃腸も元気になってきました。Photo

2016年9月16日 (金)

対照的

 どちらも好きです。
Ojigisou Hana

2016年9月 8日 (木)

霧島薫製ファクトリーの久保さんの工房をお訪ねしました。

霧島別荘地の一画で黒豚、九州産豚肉でベーコン、ハムを作り販売されている方、久保様の工房をお訪ねさせていただきました。添加物ゼロでお塩だけで薫製されているベーコン ハムはそのままはもちろんお料理(例えばスープ)に使うとスープの味が格段にupします。雑木林の中にご自宅を建て10数年、工房でハム ベーコンの製造ののための工房を作り4年目、お忙しい日々の様子、そんな中ゆっくりさせていただきました。ありがとうございました。

Photo_3 Photo_2

2016年8月27日 (土)

今日のお昼

 夏野菜の 冬瓜 ニガゴリそして 雑穀ご飯 でなんとかこの暑さを乗り切りたい、と。Photo_2

毎朝の散歩道、一日の始まり

 少しは足腰鍛えられているでしょうか、Photo

«涼多彩